保育園の早い段階で子供に英語を楽しく学んでもらおう

英語保育園について

子供

なぜ保育園から英語が必要なのか

保育園に通う年齢の子供からなぜ早いスタートをさせてまで英語を習わせる必要があるのか気になりますよね。それは日本語と英語では発音の違いが大きいからです。そのため、保育園の年齢のお子さんのうちから英語の発音を聞き取る力をつけておくと、将来の英語教育に役立てると考えられているからです。

英語脳に育てられる

物心がつく前である幼少期から、英語にふれさせておくことで自然と英語に育てることができます。日本人は英語と日本語を分けて考える作業が必要なので、大人から英語を学ぶのが難しいと言われています。将来的にも大学進学やグローバルな教育を考えているのであれば保育園のうちから英語を習うとよいでしょう。

感覚で学ぶからこそ早い

子供は感覚で覚えておくことがほとんどです。だからこそ、保育園などで歌や音楽に合わせたり、イラストを視覚で見て英語を学ぶことがとても効果的な方法です。子供は特に吸収が早いので学習に向いていると言えるでしょう。

国際的な考えが必要

日本人は英語が苦手とされているからこそ、飲み込みの早い幼少期からの英語教育が大切です。保育園をお探しなら、子供の将来をもっと大きく考えて決めてみましょう。

英語教育の保育園に入園する前のチェックリスト

  • どのレベルの英語教育を学べるのか
  • 母国語である日本語の教育をきちんと行っているかどうか
  • 活動やイベントの種類の豊富さ
  • 保育園にかかる費用
広告募集中